本文へスキップ

市民活動やボランティアを支援する

お問い合わせはTEL.029-855-1171

〒305-0031 つくば市吾妻1丁目10−1
 センタービル1階

登録団体一覧分野別

   つくば市内には たくさんの市民活動団体があります。

子ども        保健・医療  福祉 社会教育社会教 
まちづくりまちづ 学術・文化・芸術学術  スポーツスポツ 環境 
人権・平和     国際  消費者保護    情報
地域安全  農山漁村の振興    


団体情報社会教育分野分野

I・M・C イベント事業部 (NPO法人)

代表者 飯村 昌樹
連絡先 電話  070-5571-5365
E-mail npo-imc@tam-p.jpp
HP http://tam-p.sakura.ne.jp/IMC/
団体の目的 途上国の支援活動、国際協力活動、自立活動、青少年の健全育成、社会教育の推進など。世界に広がる薬物問題に問題意識を持っています。
活動紹介 ●ソーランドラゴン教育活動支援
祭ヒーロー「舞神 双嵐龍(ぶじんソーランドラゴン)」の幼稚園や保育園、学校、施設などへの啓発ショー、子ども達に向けた教育的活動(交通安全、防犯、防災、日本文化の伝達・継承・リズム遊び、障がい者理解など)の実施の援助をしています。
【頻度】 年間10回程度
【場所】 つくば市内小学校など

●国際協力入門講座の実施
国際協力入門講座を実施し、集めた文房具をカンボジアやフィリピンにヒーローキャラクターが直接届けに行く活動。
市民団体主催社会教育講座、学童保育、ボランティア団体主催イベントなどで実施
【頻度】 年間10回程度
【場所】 つくば市内、近隣市町
仲間募集 イベント運営の仲間、当日ボランティアスタッフを随時募集しています。
メールにてお問い合わせください。


茨城YMCA(NPO法人)

代表者 代表理事:柴川林也   
常務理事:宮田康男
連絡先 電話 029-852-4128
FAX 029-855-1947
E-mail info@ibarakiymca.org
HP http://www.ibarakiymca.org/
団体の目的 奉仕の心をやしない、共に支え合い、一人ひとりが大切にされる地域社会を目指す、キリスト教の考え方に基づいた、国際的な(世界132ヵ国)市民活動団体です。特に青少年の精神・知性・身体の健全な成長を助けることを理念とし、世界平和と民主的な社会の進展を目指します。
活動紹介 ●障害児・者の自立支援(場所は茨城YMCA他)
【たんぽぽクラブ】社会体育(軽スポーツ活動)プログラム。ピクニックやスポーツなどのレクリエーションを中心。外出や運動だけでなく、生活面の自立に役立つように、食事作りの練習などのプログラムも取り入れています。プレジョブ、日本福祉文化学会その他の障害者支援団体等への協力。
主に月1回 土曜日 約5時間。
【ひかりの子】発達の遅れや偏りによって日常生活に困難を抱えている児童への放課後等のデイサービス。生活能力の向上のために必要な訓練や、社会との交流の促進などを行います。学校の登校日の放課後(1:30〜18:00)、夏休み等長期休暇(10:00〜16:30)

●こひつじクラブ
0歳〜未就学児。参加費無料。保護者と一緒にご参加ください。
【日時】 10:45〜11:45 開催日は問い合わせ下さい。予約は不要。
【場所】 茨城YMCAホール

●全歳の認可外保育「YMCA幼保園」(8〜16時)
1〜5歳の認可保育園『オリーブ保育園』(8〜19時)
【場所】茨城YMCA

●なかよし館
つくば市の指定管理に選定された児童クラブの運営を実施。
【日時】 学校の登校日及び長期休暇(夏休みなど)
【場所】 大曽根児童館

●野外キャンプ
対象年齢幼児〜高校生。目的、日数など様々な野外教育活動・キャンプを多数計画。ボランティアの大学生・青年等と共に実施。
【日時】 毎年多数企画される。(夏・冬 15コース)HP参照。
【場所】 プログラムによる。姉妹団体・東京YMCAのキャンプ場等をはじめ各地。

●『スポーツクラス』他
つくば市のスポーツ団体として登録し、フットサル、体操などの社会体育指導、幼稚園体育指 導派遣・市の社会福祉協議会やNPO等の行う青少年活動への指導者派遣などを実施。
【日時】 週1回火曜日〜金曜日(プログラムによる)放課後
【場所】 つくば市内の小学校等
仲間募集 随時募集。直接、問い合わせ下さい。
・児童クラブにおいて子どもの見守りや高齢者との交流(大曽根児童館)
・小さな子供の見守り(オリーブ保育園)
・キャンプの同行。


漢字を楽しむ会 遊

代表者 千葉 麻衣子
連絡先 電話 090-9957-8667
E-mail enjoykanji_you@yahoo.co.jp
HP https://www.facebook.com/enjoykanji
団体の目的 大人も子どもも漢字を楽しく学べる講座やイベントを企画する。
活動紹介 ●子ども対象の企画
「漢字遊びの会」を年数回、会場は春日交流センター等。小学生に楽しみながら漢字を覚えてもらう企画で、漢字の成り立ちクイズやカルタ・ビンゴなど実施。

●市民一般を対象にした企画の実施
@つくば漢字探検隊…つくば市の様々な場所を訪ねて、その施設のテーマに沿った漢字について、その成り立ちを学びます。主な対象は親子。
A大人の漢字講座…大人を対象に白川文字学を学ぶイベントです。

●有志による読書会
白川静氏の著作物を読んで、漢字の成り立ち等について学びあいます
【日時】 月1回、土曜または日曜日の午前中
仲間募集 勉強会への参加、イベントのお手伝いなど、詳細については会まで直接問合せ下さい。
まずはイベントに参加して様子を見ていただければと思います。


つくばアサーティブの会

代表者 石黒 澄子
 連絡先 電話 090-3685-7088
E-mail sp8f9ez9@snow.ocn.ne.jp
団体の目的 1.茨城県内においてアサーテイブ・コミュニケーションの学習の場を設けるとともに、アサーテイブ(相手の気持ちに配慮して自分の思いを伝える)な考えや姿勢を啓発し、良質なコミュニケーションの普及を図る。
2.定期的に勉強会等を開催し、参加者の自己肯定感の構築とコミュニケーション力の向上を図り、目的達成及び自己実現に寄与する。
活動紹介 ●研修会
アサーティブトレーニングとは、相手も自分もたいせつにしながら、自分の気持ちや思いを言える関係性を築くトレーニングです。
アサーティブの柱は、誠実・率直・対等・自己責任などです。これらを学ぶために●自己紹介●世界人権宣言の輪読●ロールプレイなどをしながら、たがいを尊重し、心をかよわせるためのコミュニケーションを学習しています。勉強会でお聞きになったことは、この場所限りにします。相手の話を、ハートの目で聴くようにします。相手の話を、評価しない対等で安心な場所づくりを心かけます。
@対話トレーニング: 自分の言葉で楽しい会話の話し方を心がける(ホジティブシンキング)自己紹介:ニックネーム
A権利について: 自分を丸ごと受け入れてもらう。相手を丸ごと受けいれる。(世界人権宣言の輪読)
Bロールプレイ: 話し手、聞き手、各自体験する。(聴く体験をします。)
Cふりかえり: 参加して感じたことを自分の言葉で書く。自分を知る、自分に気づく。
Dその他 振り返り

【日時】 毎月第2水曜日 午前10時〜12時
【場所】 つくば市吾妻交流センター 大会議室
仲間募集 随時募集、吾妻交流センターでの活動に参加ください。
会費(ビジター1回200円)が必要なのでボランティアではなく参加になります。
くわしくは会に直接問合せ下さい。


つくば市民による財政白書づくりの会

代表者 野本 高志
 連絡先 E-mail midorigujiubao@gmail.com
団体の目的 議論の共通の基礎となるよう、つくば市の財政に関する客観的な情報を市民に提供する。
活動紹介 ●財政に関する検討会の開催
公表された財政情報などをもとに、つくば市の財政について理解を深める。学んだ結果を広く市民に伝える。
【日時】 月1回
【場所】 市民活動センター他

●つくば市の財政白書の発行
2018年6月、1000部発行。今後、状況の変化に応じて発行を考えています。
仲間募集 つくば市の財政について情報取集、解析、まとめの作業に関心のある方、いっしょに活動しませんか、随時募集しています。
くわしくは会に直接、メールで問い合わせください。


土浦友の会

代表者 (市民活動センターに問合せください)
連絡先 電話 029-842-2242、 FAX 029-842-2242
E-mail tsuchiuratomo@gmail.com
 HP http://tsuchiuratomonokai.jimdo.com
団体の目的 会員相互に協力し、地域・国際交流の主体として、教育支援、国際交流のボランティア活動により、安全で魅力ある「国際都市つくば」を推進することを目的とする。
活動紹介 ●例会
友の家に会員全員が集まり、著作集を読み、志を高めます。 生活勉強のてらしあわせなどをします。託児、例会食があります。
【日時】 第1木曜日
【場所】 土浦友の家

●エリア会
4つのエリアに分かれて集まり活動、つくば市は「東エリア」にあたります。
≪衣生活≫衣服の持ち方と組み合わせ、衣類の収納、上手な洗濯、手入れの仕方、針と糸を楽しもう。
≪暮らし≫予定生活・時間の使い方、環境を考えた生活、住まいの手入れ・掃除、整理と収納。
≪食生活≫健康は食から、バランスの良い食事(目安の量)・料理・お菓子・パンなどの実習。
≪家計≫予算のある家計簿、ライフプラン、年金生活。
≪子育てを楽しく≫子供の自立を願って、子どもの生活リズム・食事とおやつ
【日時】 第3木曜日
【場所】 土浦友の家、交流センター など

●最寄り会
近隣に住む会員が集まり、読書や衣食住・家計などの生活技術、家庭のこと、子どものことなどを励まし合いながら学習しています。
【日時】 第2・第4木曜日
【場所】 交流センター など

●家庭料理の基礎講座(年9回)、初心者のための料理教室、家事家計講習会(年1回11月)、生活基礎講座など、衣・食・住・家計・子育てについて学んでいます。 友の会の会員が勉強したことをもとに、会員でない方への講習会を行なっています。
【場所】 土浦友の家、交流センター

●催し物
友愛セール(6月、12月)…会員の暮らしから生まれた手作りの品々、 乾物・製菓製パン材料、手入れの行き届いた中古衣料や雑貨などを販売。会場は土浦友の家。
コンサート (年1回)…ジャンルにとらわれず、毎年いろいろなコンサートを企画。会場はノバホール。
仲間募集 会員は随時募集。
ボランティアの募集は行っていません。


フュージョン社会力創造パートナーズ(NPO法人)

代表者 武田 直樹
連絡先 E-mail takeda_naoki44@hotmail.com
HP http://f-syakairyoku.com/
団体の目的 体験学習(震災支援活動含)を通した社会力のある人財育成
 活動紹介 ●ローカル・パートナーズの協力のもと、必要に応じて国内の支援活動に取り組む

現在は、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、福島県から茨城県内(特につくば市を中心として県南地域)に避難されている方の長期的な支援として交流会や個別訪問活動を行っています。
また、茨城県内で支援活動を行っている約30団体で、「ふうあいねっと」という支援ネットワークを設立し、全県的な活動を展開しています。


●国際協力パートナーズの協力のもと、必要に応じ海外での支援活動に取り組む
仲間募集 災害支援活動に関わってみたい方、いっしょに活動しませんか!
被災世帯への戸別訪問活動や、交流会活動等でサポートいただける方を募集しています。
くわしくは、会に直接問合せ下さい。


ポノポノクラブ (NPO法人)

代表者 岡田 繁雄
連絡先 電話 029-858-0333、 FAX 029-858-0742
E-mail pono@gama.co.jp
HP http://ponopono.or.jp/
団体の目的 「主体的に生きようとする女性たち」をより一層支援すること。
活動紹介 ●メンタルストレスカウンセラー養成講座
心と体のバランスの取れる考え方・知識を身に付けたカウンセラーの養成講座や勉強会の実施。
【日時】 月1〜2回
【場所】 つくばふれあいプラザ、ポノポノサロン(つくば市東)

●予防医学の推進
東洋医学を基本とする予防医学と、タイ伝統医療のトークセン(木槌を用いる振動療法)や、タイ古式マッサージの普及活動。
【日時】 随時

●イベントの開催や講師の派遣
かすみがうら市と連携して、保健師さん等に勉強してもらい、健康なまちづくりに・コミュニティづくりに役立ってもらっている。
仲間募集 メンバーになるためにはカウンセラーの講習及び実務経験が必要となります。
くわしくは会に直接、問合せ下さい。







information

つくば市市民活動センター

〒305-0031
つくば市吾妻1丁目10−1 センタービル1階
TEL.029-855-1171
FAX.029-855-1171