本文へスキップ

市民活動やボランティアを支援する 

お問い合わせはTEL.029-855-1171

〒305-0031 つくば市吾妻1丁目10−1
 センタービル1階

登録団体一覧分野別

  つくば市内には たくさんの市民活動団体があります。

子ども        保健・医療  福祉 社会教育社会教 
まちづくりまちづ 学術・文化・芸術学術  スポーツスポツ 環境 
人権・平和     国際  消費者保護    情報
地域安全  農山漁村の振興    


団体情報子ども分野 

アプレンド(NPO法人)

代表者 飯島 幸紀
連絡先 電話 029-858-5208
FAX 03-4578-9617
E-mail k-iijima@tsukugaku.com
HP http://tsukugaku.com/
団体の目的 不登校者及び不登校経験者等の学校への通学が困難な者、その他学習の機会を必要とするものに対して、ITを活用した学習サポート及び学びの場の提供に関する事業等を行い、誰もが等しく学ぶことのできるこころ豊かな社会の実現に寄与することを目的とする
活動紹介 【つくば高等学校】
不登校の中学生、通信制高校生徒がITを活用しながら学習するフリースクール
平日 月〜金 10:00〜16:00/水のみ13:00〜16:00
【プログラミング教室】
プログラミングなどITに関心のある子供たちが集まり、挑戦するプログラミング教室
月・木 17:30〜18:50/19:00〜20:20
【通信制高校相談センター】
通信制高校やサポート校への入学に関する相談(インターネットのみ)

【活動場所】
つくば市二の宮1-2-1 2階
仲間募集 不登校や発達障害に理解のある方
ITや教育に興味、関心のある方、子供好きな方


居場所サポートロベ(NPO法人)

代表者 森 美知子
連絡先 電話 029-886-9318
FAX 029-886-9319
E-mail afterschool.robe@gmail.com
HP http://robeac.web.fc2.com/
団体の目的 自治体や民間の支援サービスの条件に合わない多世代の方の受け皿として、居場所がなくて困っている方々への支援団体となる
活動紹介 【学童保育】
・小学生を対象に、放課後の学童保育をTX万博記念公園駅前のマンションの1階で開催(月〜金曜日の19時まで、学習指導(国語、算数、英語)も実施している。毎月2〜3回の季節イベント(誕生会など)、春休みの遠足や夏休みのイベントなども実施している。

【無料塾】
・経済的理由で塾に通いたいけど通えない小中学生を対象に、ボランティアの協力を得て無料塾を週2回(火曜日、金曜日の19時〜21時)谷田部地区で開催している。なおH29年度からは月曜日、木曜日の開催に変更予定。
仲間募集 経済的な理由で、塾に通えない子の学習指導、見守りや送迎を行える学生〜シニアの方。
学童の保育をボランティアで行ってくれる学生〜シニアの方。


いばらき子どもの虐待防止ネットワークあい(認定NPO法人)

代表者 坂本 博之
連絡先 TEL 029-309-7690
FAX 029-309-7690
E-mail  network-i@ams.odn.ne.jp
HP http://network-i.jp
団体の目的 子どもに対する虐待の防止を図り、もって子どもと家族の福祉の向上と社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする
活動紹介 @オレンジライン:虐待に関する電話相談。
         月・水・木、10:00〜15:00
Aオレンジサロン:虐待を受けた経験のある方のサロンです。
         第2木曜(10:00〜12:00)
         第3木曜(18:30〜20:30)
         場所は非公開なので必ず電話予約を。
B弁護士相談:相談のみなら無料。連絡はオレンジラインに。
C講演会・シンポジウム:『子育て練習法講座』などを年に20回ほど。
D親子ヨガ教室、親子パン教室を年数回、不定期に実施。
仲間募集 虐待防止に関心のある方、傾聴の出来る方(電話相談員)、何か人の役に立ちたい方など随時ボランティア募集をしております。
拠点は水戸市ですが、2017年春よりつくば市にオレンジサロンを開設予定のため、ボランティア募集。


おはなしネバーランド

代表者 宮澤 正江
連絡先 電話 080-1044-5085
団体の目的 素話(すばなし/絵本や本を見せながら読み聞かせるのではなく、お話を覚えて語ること)を中心としたお話し会の活動を通して、たくさんの子ども達(大人も)にお話の良さ楽しさを伝えていく。
活動紹介 小野川地区を中心に「素話」によるおなはし会を行っています。
(主な活動場所、小野川小学校、稲岡保育所など)

イベントとしては
 夏の夜のおはなし会(8月最終土曜19〜20時/小野川交流センター)
 お話と詩の朗読会(10月最終日曜午前中/春日交流センター)

出張おはなし会も行うので、希望があれば連絡ください。

毎回、本番の一週間前にはリハーサルを行います。
また、年に1回おはなし勉強会を実施しています。
 仲間募集 本の読み聞かせとはちがった「素話」ならではの魅力があります。
お話や詩が好きで興味のある方、「語る」ことをやってみたい方。
イベントやリハーサルの時に活動の様子をご覧いただけます。


おはなしの泉

代表者名 西田 恵
連絡先 (市民活動センターに問合せください)
団体の目的 子ども達にお話や絵本を届けるため、素話(昔話や物語を暗記して語る)や絵本やわらべ歌などを学ぶ。
活動紹介 @定例会(夜のお話の勉強会)
 毎回2〜3人の当番が子どもたちに紹介したい「素話」を語る。
 会場:並木交流センター 日時:第2月曜日20〜22時

A絵本の勉強会(夏と年末を除き年8〜10回)
 会場:並木交流センター、日時:月曜日の午前中

Bおはなし会の実施
 市内の幼稚園・保育所・小学校でのおはなし会
 中央図書館おはなし会(第2土曜日15:00〜15:30)
 並木児童館わくわくおはなし会(月1回)
 その他 5月の交流センターまつり
     8月の「こわいおはなし会」、秋のおはなし会
 筑波大学附属病院小児病棟での読み聞かせに参加
 デイケア放課後おはなし会

C大人向けの活動「おはなしを楽しむ会」(年一回)
仲間募集 絵本やお話に興味のある方、お待ちしています。
会の雰囲気を知りたい方は定例会をのぞいてみてください。
初めての方でも、練習を通して上手になっていけますよ。


おもちゃライブラリー「さくらんぼ」

代表者名 拓植 法子
連絡先 TEL 029-847-0231
FAX 029-847-0233
団体の目的 障害児・健常児が共に遊べる場づくり
活動紹介 「障害をもつ子ももたない子も、おもちゃを通してともに仲良く豊かな時間を」と「子育て中のお母さん同士の交流の場」として始められたおもちゃライブラリーを運営しています。 おもちゃの購入、手作りおもちゃの作製、おもちゃの貸し出し、おもちゃの修理、整理までボランティアで行っています。
★ライブラリー
 毎月第2金曜日10:00〜16:00 第4土曜日10:00〜12:00
 会場:老人福祉センターとよさとホール
★ミニイベント
 年2回〜3回夏冬春にライブラリーと同時開催
 子どもも大人も楽しめるイベントを実施
 飛行機飛ばし、手作りおもちゃづくりなど。
★バザー
 年2回程度開催、手作りおもちゃ販売など。
★移動おもちゃ図書館
 時には、地域の公民館等、場所を変えて
 ライブラリーや出張修理を実施しています。
★手作りの会
 手芸品など手作りでおもちゃやおもちゃ入れなどを作ります。
 毎月第2金曜日10:00〜12:00、 会場:老人福祉センターとよさと
★おもちゃドクター(11名)
 電気、機械、ITに詳しい会員が、おもちゃの修理にあたっています。
仲間募集 子どもの好きな方、年齢は問いません。


オレンジガーデン・ジャパン

代表者名 水上 ゆう子
連絡先 電話 029-851-7549
FAX 029-851-7549
E-mail orangegarden11@gmail.com
HP http://orangegarden.jimdo.com
団体の目的 子ども虐待防止(オレンジリボン)運動の推進
活動紹介 @子どもの虐待防止の啓発・広報活動を行う(イベント参加:リレーやバザー等)
A生活貧窮等に起因して家庭や地域に居場所がない子どもに対し、居場所と学びの場を提供する。(こども広場みかんの運営)
B自立援助ホーム・児童養護施設の子どもたちの自立準備の支援(訪問型相談)
こんな仲間を募集しています 学習支援のためのテューター(特に理科・算数を教えられる方)
子どもが好きで、子どもの貧困問題に対して何かを始めたいと思っている方


風の会HP

代表者名 佐藤 真由美
連絡先 (市民活動センターに問合せください)
HP http://www.ne.jp/asahi/kazenokai/tsukuba/
団体の目的 外国人児童・生徒の為の日本語補習ボランティアを行っている団体『風の会』の情報発信を行っている。
活動紹介 活動の中心は、外国からきた子どもたちに日本語を教えるボランティア。吾妻小・中学校の子どもたちに日本語の補習を行ったり、保護者の日本語学習支援や学校からの手紙の翻訳を行ったりしています。
会員は吾妻小・中学校の在校生・卒業生の保護者や地域の有志などで構成されています。

料理を通した外国人保護者との交流の場として吾妻まつりに参加、また外国から来た人たちが学校で使うものをそろえるのに負担が軽くなるよう、秋には吾妻小学校でリサイクル・バザーを開催しています。(収益は教材購入や活動費に充てています)

風の会HPは、外国から来られた方々に、情報発信を行っています。
仲間募集 吾妻小学校PTAを通して、春(4月)にお手紙で募集(風の会の会員である事)
パソコンでホームページ作成し、発信しているので、HPやfacebookに興味のある方。


子育て休憩室

代表者 星埜祥子
連絡先 電話 029-851-5263
FAX 029-851-5263
団体の目的 乳幼児とその親御さん達の交流の場、「井戸のない井戸端」作り
活動紹介 【日時】 毎週水曜日、午前10時〜12時の間
【場所】 吾妻交流センター和室

乳幼児だけを預かるのではなく、親子、祖父母とご一緒の参加でお願いします。会員制ではありません、今日は行ってみようかな?と思ったときにどうぞ。
事前の申込も必要ありません。
参加費は無料です。
時間に縛りはありません。いつ来てもいつ帰られてもOKです。
(一言「こんにちは」「帰ります」とボランティアに声をかけてください。)

昔、井戸端は地域のひとたちが集まる所でした。子育て休憩室もそんな井戸端(井戸の無い井戸端)でありたいとボランティアは考えています。
お部屋の中では和気あいあい、お子様同志のふれあい、またボランティアを交えてお母様お父様たちの交流の場になっています。子育てに不安を感じていらっしゃるお母様是非お出でください。
※年3回桜保健センターからの出前相談があります。
時々季節の折り紙や、市民活動センターのイベントに参加します。
※水曜日が祝日の場合、12月27日〜1月4日の間に重なった場合はお休みにします。
仲間募集 場所守りのボランティア募集中
はじめてのかた大歓迎!


子育てほっとステーション オアシス

代表者 星埜祥子
連絡先 電話 029-851-5263
FAX 029-851-5263
団体の目的 乳幼児とその親御さん達の交流の場、「井戸のない井戸端」作り
活動紹介 【日時】 毎週木曜日 午前10時〜12時
【場所】 並木交流センター和室
    廊下付の明るいスペースでお子様たちがゆったり遊べます。

乳幼児だけを預かるのではなく、親子、祖父母とご一緒の参加でお願いします。会員制ではありません、今日は行ってみようかな?と思ったときにどうぞ。
事前の申込も必要ありません。
参加費は無料です。
時間に縛りはありません。いつ来てもいつ帰られてもOKです。
(一言「こんにちは」「帰ります」とボランティアに声をかけてください)

グループ名の通り、来て下さって、ほっとひと息して、みんなでワイワイ出来るオアシス(井戸の無い井戸端)でありたいとボランティアは考えています。
お部屋の中では和気あいあい、お子様同志のふれあい、またボランティアを交えてお母様お父様たちの交流の場になっています。
子育てに不安を感じていらっしゃるお母様是非お出でください。
※年3回桜保健センターからの保健師さん栄養士さんの出前相談があります。
又季節の折り紙や市民活動センターのイベント参加
※木曜日が祝日の場合12月27日〜1月4日の間に重なった場合はお休みにします。
仲間募集 場所守りのボランティア募集中
はじめてのかた大歓迎!


kosodateはぐはぐ(NPO法人)

代表者 前島 朋子
連絡先 電話 029-856-6658
FAX 029-859-0736
E-mail kosodate.hughug@gmail.com
HP http://www.geocities.jp/kosodate_hughug/
団体の目的 ・家族の自立・成長支援
・子育て家庭の健康増進
・地域での子育て支援者育成
・地域の子育てネットワークづくり
活動紹介 ●「親支援」を通じた子育て支援、を中心に活動しています。

@家庭訪問型子育て支援「ホームスタート」(随時)
支援の場に出てきにくい親子(未就学児のいる家庭)のもとへ研修を積んだボランティアが訪問し傾聴、協働を行います。(家事・育児・外出支援などを利用者と協働で行う)。
年に1〜2回ボランティア養成講座(全7回)を開講しています。

A0歳おやこのための「おしゃべりサロン」
月2回(第2・第4木曜日午前中、松代4丁目助産院ら・くな、にて)、赤ちゃん連れで気軽にお出かけできる場を開いています。
ランチ会や、健康・育児に役立つイベントを企画することも。予定の詳細はHPまたはFBにて。

B産後の休養が不十分な母親のためのデイ・サービス
栄養と休息を提供し、ママに元気回復していただく事業を近日始動予定!
仲間募集 @家庭訪問型子育て支援ボランティア、に興味のある方、
A0歳おやこのくつろぎの場でお話相手をしてくださる方、
B産後の休養が不十分な母親の支援に興味がある方、
C地域に子育て支援の輪が広がることに賛同し応援してくださる方
*男性にもご協力いただけることはたくさんありますので、遠慮なくコンタクトください!


子どもとメディア関東

代表者 矢野 さと子
連絡先 電話 080-7020-2617
E-mail kmediakanto@yahoo.co.jp
団体の目的 子どもが健やかに育ち楽しい子育てを実現するために、テレビやスマホなどの電子映像メディアとのより良い関係を構築するためのサポート
活動紹介 ・つくば市家庭教育学級などで講演活動を行っている。
・学習会はその時々の課題解決となることを念頭に開催。
仲間募集 子どもの健やかな成長を願う皆さま、ご連絡をお待ちしております


こどもの教育と特別支援について考える会

代表者 梅山 恵子
連絡先 TEL 080-4411-6282
E-mail kktsk_01@yahoo.co.jp
HP https://ja-jp.facebook.com/kodomonokyouikutotokubetsushien
団体の目的 主に就学期までの、発達に遅れや障害のあるお子さん、また保護者、さらに支援者の負担を減らし、誰もがニーズに合った教育がうけられ、地域の一員として安心して暮らせる環境づくり
活動紹介 主に就学期までの発達に遅れや障害のあるお子さん、および保護者・支援者が、それぞれ抱える課題・悩みごとを解消することを目的に、以下の活動を実施。

@おしゃべり会
 開催は、2カ月に1回の頻度
 日常の悩み、幼稚園等での困ったことなどを、
 参加者で共有することができます。
 先輩家庭も参加しているので、いろいろな事例を知ることができます。

A事例検討会
 各家庭や支援者から出てきたニーズについて、どう接すれば良いのかを学ぶため、講師を呼んで勉強会を開催します。
仲間募集 活動に関心のある方、子どもたちへの接し方に悩んでいる方
事例検討会やおしゃべり会の運営や情報発信に興味のある方


子どものための救命教室(NPO法人)

代表者 正根寺 雅子
連絡先 E-mail kids-emt@googlegroups.com
HP https://sites.google.com/site/kidsemt/
団体の目的 子どもや保護者など広く一般市民が救命医療について学べる機会を作ることを目的としています。
これにより子どもから大人まですべての人々が尊い命を守るという共通の意識を持ち、そのために自分にも出来ることがあると知り、いざという時に勇気ある行動をとれるようになることを目指しています。
活動紹介 3歳以上の子どもたちを対象に、「命とはなにか」「生きているとはどういうことか」を知り、「命を守るためにはどうしたよいのか」を学ぶ救命教室を行っています。
未就学児は家で大人が倒れたらどうすればよいか、小学校低学年は学校で友達が倒れたらどうすればよいのかを知ることが目標です。
救命医とともに開発した、参加型ゲームや体験を通して学ぶ、独自のプログラムです。

子どものプログラムと同会場、同時進行で、保護者の方向けに、つくば消防本部のご協力を得て小児の心肺蘇生法の講習会を開催しています。
この2つのプログラムにより、親子が同時に救命を学ぶことが可能となりました。
救命教室は3ヶ月に1回(不定期)、主に日曜日の午前中、つくば中央消防署で開催予定です。
仲間募集 救命教室中にお子様の側でプログラムの進行を補助していただける方


シェアスペースムクムク

代表者 飯塚 勝志 
連絡先  TEL 029-866-1757
E-mail muqu69@gmail.com 
 HP  http://www.facebook.com/6969dj
 団体の目的 子どもたちを通して筑波山地域の振興をはかり、イベントやワークショップを企画・実行し交流の場をつくる事を目的にしています。 
 活動紹介 筑波山中腹に多数ある空き家の1軒を改装しながらイベントやワークショップを開催しています。

手づくり太鼓ワークショップは特に好評をいただいており、子どもたちが自ら穴をあけたり、面を縫い付けたり、ひもを通して締めていき約1時間ほどで完成していきます。少し手間がかかり、作るのは少し難しいけれど出来た時の達成感は大きいはずです。

自分で手づくりしたものは特に大事にしたり、思い出が詰まっていたりと、永久に大切にしてもらえるものになると考えています。
仲間募集 子どもたちと遊ぶことが好き、イベントやワークショップを企画実行することが好き、音楽が好きな方


自由広場(NPO法人)

代表者 塚田 巧
連絡先 TEL 029-857-3833
E-mail qqha86939@miracle.ocn.ne.jp
団体の目的 世代を越えた交流を図るため、コミュニケーションの機会を提供し、地域の活性化を図るとともに、子どもを対象に読み聞かせや紙芝居を通じて本に親しませる事業を行う
 活動紹介 世代交流や子どもの健全育成ができる地域をつくる活動をしています。

先進的なNPO法人を参考にして今後どのような事を行っていけば良いのかを模索中です。


つくば遊ぼう広場の会

代表者 五十嵐 亨
連絡先 TEL 029-857-7949
E-mail corobokl@kc5.so-net.ne.jp
HP http://www18.atpages.jp/asobouhiroba/
団体の目的 遊びを人と人のつながりととらえ、より豊かな遊びの環境を作ることを目指し活動します。
活動紹介 ◆毎月第1・3土曜日(8月を除く) 「遊ぼう広場」開催
つくば市金田の子育て冒険広場「ゴンタの丘」を開放して外遊びを実践しています。
(「ゴンタの丘」は2016年4月に、前の場所から200mほど移動しました。現在の場所は「つくば市子育て総合支援センター}のすぐ裏です)
「ゴンタの丘」の管理・運営も行い、他の子育てサークルなどに外遊びの場を提供しています。

◆8月 「ゴンタで夏休み」開催
     毎年8月に5日間程度「ゴンタの丘」を開放しています。
◆年2回 総会
◆不定期 講演会なども行っています。
仲間募集 遊ぼう広場の企画に積極的に参加してくれる人、遊び環境作りについて知恵をしぼり実現に向けて力を合わせてくれる人、一緒に頭と身体を使って遊びましょう。


つくば子ども劇場

代表者 浜渦 京子
連絡先 電話 029-852-9134(事務所/月〜金10〜15時)
FAX 029-852-9134
E-mail 298kodomogekijo@gmail.com
HP facebookページをご覧ください
団体の目的 子どものための優れた舞台芸術の鑑賞活動と自主活動を通じて、児童文化の創造、普及、発展に努める。そして、子どもたちの友情を深め、自主性・創造性をはぐくみ、健全な成長を図ることを目的とする。(つくば子ども劇場規約第2条)
活動紹介 @鑑賞活動
 年齢にあった舞台作品を親子で鑑賞します。

A遊び体験活動
 春か秋に一同で集まって、段ボール砦づくりなどの遊びを行います。

Bそれぞれの部会活動
 ピザ作りや百人一首などの様々なレクリエーションを有志で行っています。
仲間募集 親子で観劇や遊びを体験したいという方はぜひご参加ください。
大人・大学生で子どもと関わりたいという方も大歓迎です。


つくば子どもと教育相談センター

代表者 穂積 妙子
連絡先 電話/FAX 029-858-2034
E-mail info@kodomo.gotohp.com
HP http://kodomo.gotohp.com/
団体の目的 不登校・非行・ひきこもり問題についての理解を深め、必要なサポートを考える
活動紹介 【教育相談】
  毎月第1・第3金曜日午後〜つくば市大穂・つくば市社協相談室。
  不登校、いじめ問題、学力・進学問題、逸脱行動(非行)など
  対象となる子どもさんの年齢は原則20歳まで。
【月例学習会・講演会】  年4回くらい。
【青年のサロン】
  毎月第1木曜日 13:30〜16:30 吾妻交流センター他
  家庭にひきこもりがちな青少年(おおむね15歳以上)
  を対象とする居場所事業。
【不登校親の会】
  毎月第2金曜日
  学齢期(小学校〜高等学校)の不登校の子ども、を持つ親たちの会。
【子どもの家】
  毎週水曜日午後 不登校の小中学生の居場所。
【里芋の会】(引きこもり青年親の会)
  毎月第2土曜日
  学齢期を越えて、家に閉じこもりがちな青年を持つ親の学習会。
【うなずきの会】(「非行」関係親の会) 
  毎月第3土曜日
  子どもの「非行」と向き合っている親たちの会。
【三役会】 毎月第3火曜日
【運営委員会】  毎月第4火曜日
仲間募集 不登校・非行・ひきこもり問題などの子どもや青年のサポートをしたい方


つくば市子育て支援ネットワーク かるがも・ねっと

代表者名 五十嵐 泉
 連絡先 TEL 029-853-4599 (筑波大学共生教育学研究室)
E-mail karugamo-net@yahoo.co.jp
HP http://tsukuba-karugamo.net/
団体の目的 つくば市内で活動している子育て支援者・グループのネットワーク
活動紹介 ◆毎月1回、子育て支援情報を掲載した『つくば子育てカレンダー』を編集・発行し、児童館、地域交流センター、保健センター、市民活動センター、市内の小児科病院などに置いています。

◆年1回 講演会・交流会等を企画し、子育ての現状を学んだり、支援者同志がお互いに活動を知り、共通に話し合える機会を作っています。

◆年1回 総会
仲間募集 子育て支援の場を開いている方、支援をしたいと思っている方、個人でも団体でも、ゆるやかにお互いつながりませんか?支援者のつながりが、子育ての中の方たちへの支援の第一歩かもしれないと思っています。
また毎月発行される『つくば子育てカレンダー』の編集などに携わって下さる方を募集しています。


つくば自然育児の会

代表者 島崎
連絡先 E-mail tsukubamothering@gmail.com
HP http://tsukubamothering.blog.fc2.com/
団体の目的 赤ちゃんを母乳で育てることを基本に、より自然な子育てを考えていく母と子の会です。
茨城県つくば市で活動していますが、つくば市外の方も多く参加しています。
活動紹介 主に「ゆかりの森」を会場に、月に1回(第3金曜日)、育児に関する母親の勉強会と情報交換会を実施しています。
仲間募集 母乳育児、自然育児に興味・関心がある子育て中のお母さんや妊婦さん


つくばボードゲーム愛好会

代表者 (市民活動センターに問合せ下さい)
連絡先 (市民活動センターに問合せ下さい)
HP フェイスブックを参照
団体の目的 ・ボードゲームを通して、親子、友人とのコミュニケーションを深める。
・小学生の放課後活動を充実させる。
活動紹介 日時:毎週水曜日15:00〜17:00(春・夏・冬休み中はお休みです)
場所:春日交流センター2階大会議室
対象:園児(保護者同伴)から小学生

内容:ボードゲーム(将棋・チエス・オセロなど)で遊ぶ会です。
    筑波大学将棋部 チェスサークルの学生ボランティアにより
    オセロや将棋、チェスのルールなどを教えてもらいます。
    例年8月に「つくば小中学生将棋大会」
    (小学4年生〜中学生対象)を開催しています。
仲間募集 年齢を問わず ボードゲームが好き 子供が好きな方
将棋 チェス オセロを指導できる人


のうさぎ文庫

代表者 阿部 きよ子
連絡先 電話/FAX 029-857-3014
E-mail abekiyoko@excite.co.jp
団体の目的 子どもたちに読書と遊びを提供しています。自然とのふれあいを大切にしています
活動紹介 のうさぎ文庫は1974年から続く上広岡の野田団地の真ん中にある小さな図書館です。
毎週土曜日の10時〜12時にあけています。絵本、お話の本、図鑑、科学・工作の本などいろいろな本が約6000冊あります。(本の貸し出しは会員のみ)

本を読むだけでなく、読み聞かせや紙芝居、折り紙や工作、生き物や植物の観察、季節のイベントなどもしています。
子どもも大人も楽しめます。遊びに来てくださいね。
仲間募集 子どもや本の好きな方、老若男女どなたでも。


パネルシアターかくれんぼ

代表者 藤田 香代子
連絡先  (市民活動センターに問合せください)
団体の設立目的 パネルシアター活動
活動紹介 パネルシアターとは、毛羽立った付着力のよいパネル布を貼った舞台に、専用のPペーパーと呼ばれる不織布で作った絵人形を、貼ったりはがしたりしながら演じる、お話や歌遊び、手遊びなどのことをいいます。

このパネルシアターの公演を、保育所、幼稚園、小学校、福祉施設などへ出向き、行っています。

またパネルシアターの制作、演じ方などの指導も行っています。


バンビーノ.館(NPO法人)

代表者 高野 綾
連絡先 電話 029-875-5432
FAX 029-858-2158
E-mail takano@mail.bambinokan.com
HP http://www.bambinokan.com/
団体の目的 地域の子どもたちの健全育成を目的として、様々な活動を展開する
活動紹介 @バンビーノ.館を拠点に、託児や学童保育を実施。
・託児/月〜土 7:30〜22:00
    0歳〜就学前が対象の月極保育及び一時保育
・学童保育/月〜土
     (月〜金は放課後〜19時、土は第2、4の隔週7:30〜19:00)
Aつくば中央柔道塾の実施。
年長から中学生、及びその親で活動。
受け身からきちんと学び、試合にも積極的に参加しています。
日々の稽古に加え、バーベキューや登山などのレクリェーションも親子で楽しみます
・豊里中学校柔道場(月曜日18:00〜21:00、土曜日17:30〜20:30)
・つくば中央警察署柔道場(木曜日18:00〜20:30 )
こんな仲間を募集しています 柔道に興味のある方、やってみたい方、正しい受け身・礼法・技を覚えてどんどん人を投げましょう。

放射能汚染から子どもを守ろう@つくば

代表者 川村 直子
連絡先 電話 029-859-0264
FAX 029-859-0264
E-mailはブログ経由でお願いします
HP http://forchildrentsukuba.blog.fc2.com/
団体の目的 つくばの子どもたちを放射能汚染から守るため
活動紹介 ◆福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の拡散により、つくば市でも事故以前より高値の放射線量が測定されています。『放射能汚染から子どもを守ろう@つくば』は、子ども達を放射能汚染から守りたいと願う保護者を中心に、市民有志約20名が集まり2011年6月に結成しました。継続的に健康状態を見守って行こうと活動しています。

◆年1回程度 『甲状腺エコー検査inつくば』を担当し、実施
               (主催は『関東子ども健康調査基金』)

◆不定期 
『つくば市民放射能測定所(任意団体、妻木)』の測定の手伝い。
 食品、土壌などを計測。
仲間募集 放射能汚染について関心を持っている方


マナーズ (NPO法人)

代表者 宅間 佳代子
連絡先 電話/FAX 029-838-5366
E-mail hallelujahhome@icloud.com
HP http://mannarz.com/
団体の目的 引きこもり、病気(うつ病等)による障害者に対し、共同生活を通して、心の不安、人への不信などから心を開放して、経済面・精神面の自立支援を行うと共に、従来の学校教育に不適応、また身体的理由により、通学できない青少年に対し、学ぶ機会を与えるフリースクール支援を行い、福祉の増進に寄与する。
活動紹介 ◆月2回 つくば「こどもの家」食堂 
 第1・3水曜日
 住所:つくば市北中妻399-2
 こどもたちの居場所として、自由にどなたでもお越しください。
 送迎も可(問合せを)。大人300円、小中学生100円、幼児0円。

◆自立援助ホーム「ハレルヤファミリー」(厚生労働省・紹介者のみ)
 さまざまな理由により家庭に居場所をなくした15歳〜20歳までのこどもの自立を支援することを目的としたホーム。定員6名。

◆自立準備ホーム「ハレルヤ・ホーム」(法務省・紹介者のみ)
 少年院を出院した後、帰る家のない人が自立するまでの間、一時的に生活する。定員1名。

◆学童クラブ「サンサンキッズ」
仲間募集 子どもたちを一緒に支えて下さる方


ままとーん (NPO法人)

代表者 中井 聖
連絡先 電話 029-838-5080
FAX 029-838-5080
E-mail npo@mamatone.org
HP http://mamatone.org/
団体の目的 孤独な子育てをなくし、地域と共に子どもが育っていく環境をつくる
活動紹介 ◆ままとーん「つどいの広場」
 週3回(月・火・木)9時半〜14時半 場所:ままとーん
 どなたでも(主に未就園の子と親)自由に出入りできます。
 子どもと一緒に遊んだり、親同士で情報交換したり、講座なども開催。

◆「赤ちゃんが学校にやってくる!〜いのちに触れる・感じる授業〜」
 通年(1〜2月を除く)。
 学校の依頼によって、地域のゲストスピーカー(赤ちゃん連れで学校に行って、子どもたちとふれあったり体験談を話してくれる方)と一緒の出前授業を行う。

◆マタニティサロン
 月1回、つくば市の母親学級の時間内に「先輩ママとの交流会」という時間を担当し、講師として体験談や地域の情報を話している。

◆ぱぱとーんプロジェクト 月1回
 2016年4月より。作戦会議と称するお父さんたちの語り場を開催。
◆フリーペーパー「ままとーん#しゃあぷ」発行 不定期
◆子育て情報誌「ままとーん♪」の本発行 不定期
仲間募集 「子どもがいてもできること、子どもがいるからできること」
子どもと一緒に挑戦してみたいママやパパを募集しています。


森の会

代表者 青木 努
連絡先 電話 029-857-2155
E-mail aoki.cerulean@gmail.com
HP http://www36.atwiki.jp/morinokai/
団体の目的 大人も子どももいっしょになって、自然の中で自由に遊ぶ
活動紹介 ◆月1回 「安(やすらぎ)の森」にて活動(2016年10月から)
子ども達が雑木林の中で、鬼ごっこやロープを使った遊び、秘密基地ごっこなどを楽しみ、たき火をしたり、煮炊きをして食事を作ったりしている。

◆年1回 総会 
仲間募集 子どもを野外で遊ばせたいと思っている方。
日常から離れ仲間とゆったりした時間を過ごしたいと考えている方。


リヴォルヴ学校教育研究所 (認定NPO法人)

代表者 市川 紀行
連絡先 TEL 029-856-8143
FAX 029-896-4035
E-mail rise@cure.ocn.ne.jp
HP http://rise.gr.jp/
団体の目的 「対立から共育へ」をモットーに、不登校児童生徒の支援、学習につまづきがちな子ども達への支援のあり方など、民間レベルからの教育改革を実際的行動により提案すること
活動内容 @不登校児童の生徒の支援『ライズ学園の運営』
  既存の学校になじめずにいる子どもたちのためのライズ学園を運営
  主に小中学生を対象に、教科学習支援・各種教室を実施

Aセミナー、ワークショップの企画・運営
  LD、ADHD等に関する公開講座の開催
  これまでに延2000人超の参加者を集めています

Bいばらきマナビィ・ネットの活動
  地域で支える豊かな学びを目指した『いばらきマナビィ・ネット』への参画。社会人講師の学校訪問をコーディネートする他、学校に行っていない皆のためのカルチャー教室を実施。

C独自教材の開発
  つまづきがちな子供達への支援方法の研究は、学会発表等でも高評価を得ています。独自に開発した「ひらがなれんしゅうちょう」はNHKや全国紙でも取り上げられ、現在把握しているだけでも、全国で200を超える幼・小学校で採用されています。

D東日本大震災被災地域の学校支援
  ライズ学園在校生の提案により、被災地の児童生徒への学用品支援に取り組み、これまでに北茨城市、福島、宮城、岩手の各県に4万点近い物資をお届けしました。その他に、東松島市の地元園芸農家の協力のもと、東松島市の小・中学校に花苗を贈る支援も継続して行っています。
仲間募集 ライズ学園で子供達と体を動かしてくれる大学生を募集しています。









information

つくば市市民活動センター

〒305-0031
つくば市吾妻1丁目10−1 センタービル1階
TEL.029-855-1171
FAX.029-855-1175