本文へスキップ

市民活動やボランティアを支援する

お問い合わせはTEL.029-855-1171

〒305-0031 つくば市吾妻1丁目10−1
 センタービル1階

登録団体一覧分野別

   つくば市内には たくさんの市民活動団体があります。

子ども        保健・医療  福祉 社会教育社会教 
まちづくりまちづ 学術・文化・芸術学術  スポーツスポツ 環境 
人権・平和     国際  消費者保護    情報
地域安全  農山漁村の振興    


団体情報福祉分野

アセンブル(NPO法人)

代表者名 江藤 睦
連絡先 E-mail assenble.cham@gmail.com
団体の目的 障害を持つ人とその擁護者に対して支援を行うことを通じて、障害があっても安心して暮らせる地域づくりを目指す。
活動紹介 平時はサロンとして何時でも気軽に立ち寄れる場所であり、日常のちょっとした困りごとなどの相談を受けています。

毎月の活動では
●第1火曜日 ケアカフェ
  (お茶を飲みながら介護や教育に関してのおしゃべり会)
●第2・4火曜日 講習会(テーマはその都度変わる)
●第4木曜日 定例会(会員のみで今後の活動について話し合う)

※土・日・祝日と木曜日が定休日です。
 不定期にメンバーの都合で休みになる場合もあります。
仲間募集 何らかの障害があり、日常生活や学校、お仕事でお困りの方。そんなちょっと困っている方を支えたいと思ってくださる方。ぜひ一度遊びにおいでください。


池向シニアグループ

代表者名 服部 清
連絡先 (市民活動センターに問合せください)
団体の目的 シニアとして共に絆を深め運動,その他,楽しく進んでいこう。
シニア世代の健康維持
活動紹介 【月毎のスケジュール】場所は池向集会所
 第1木曜日 リハビリ体操
 第2木曜日 輪投げ練習
 第3木曜日 輪投げ練習
 第4木曜日 ウオーキング
 第2火曜日 出前体操
・年2回/輪投げ大会
・月1回/古紙回収・段ボール回収


茨城LD等発達障害親の会 星の子

代表者 井寺 弘孝
連絡先 E-mail info@hoshinoko-ibaraki.net
 HP  http://hoshinoko-ibaraki.net/
団体の目的 LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、アスペルガー症候群、高機能自閉症などの「発達障害」のある児・者に対する社会的理解と、教育・福祉の向上に努め、相互の情報交換、交流を図ること。
活動紹介 会員は、子の年齢によって、学齢期(未就学〜中学卒業まで)のグループ「すばる」と、中学卒業後〜成人のグループ「うぃず」に分かれて日ごろの活動を行っています。
【親の活動(グループごと)】
 ・定例会(隔月の土日昼/入会希望者の見学を受け入れています)
 ・勉強会(不定期)
 ・おしゃべり会…つくば地域(月1回土曜夜)。県央県北・県西・県南は  不定期(いずれも曜日不定昼間)
 ・レクリエーション(不定期)、親子キャンプ・成年キャンプ(いずれも  年1回)など
【当事者活動】
 ・青年の集い(隔月1回。つくば市。ファシリテーターを交えて当事者
  同士でお話をする)
 ・女子会(不定期。場所不定)
 ・レクリエーション(不定期)
【会全体の活動】
学習会、セミナー、ワークショップ等の公開イベント (不定期)。E・ぱかクラブ(乗馬とカヤックの野外活動) など
仲間募集 発達障害のあるお子さんがいる保護者(会員)、親の会の活動に賛同し支援してくださる方(賛助会員)、療育やレクなど子どもたちとの活動に関心がありボランティアとして参加してくださる学生・社会人の方 など


茨城県中途失聴・難聴者協会(NPO法人)

代表者 齋藤 正昭
連絡先 電話 029-857-5138
Fax 029-857-5138
E-mail ibananoffice@yahoo.co.jp
  HP http://www.normanet.ne.jp/~ibanan/
団体の設立目的 県内の難聴者は8000人いると言われますが、実際は多くの人々が聞こえず悩んでおり、仲間と出会い、情報交換していくことを目的に活動しています。
活動紹介 聞こえない、聞こえにくい人が安心して暮らせるように以下の活動を主に実施

・書いて伝える「要約筆記」についての周知活動
・毎月1回、定期的に開催している手話サークル(水戸と土浦)
・聴覚障害者、とりわけ難聴者に向けた勉強会の開催
・会員には様々な生活に必要な情報・イベント案内などを発信しています
こんな仲間を募集しています 「聞こえ」に困っている方、聞こえにくい方の支援を知りたい方は当会まで。


茨城県南・生涯現役くらぶ

代表者 松浦 幹司
連絡先 TEL 080-6562-1800(松浦)
FAX 029-858-8303
E-Mail matukan18@yahoo.co.jp
団体の目的 セカンドライフに何かしたいと考える人が集まって
語り合い、議論し、実践したり、情報交換の場
活動紹介 毎月第4土曜日13:30〜15:30 
つくば市二の宮交流センターにて

・高齢化社会活性化企画
・情報交換
・ミーティング
・セミナー
・会員近況報告 など
仲間募集 常陽リビングに月に1度メンバーや講座等への参加を募集


けやきの会(自閉症児・者の親の会)

代表者 長通 美智子
連絡先 電話/FAX 029-851-4494
団体の目的 障害児・者の親、家族の親睦をはかり、社会に理解を広める啓もう活動
活動紹介 ●定例会  毎月第1木曜日 11:00〜14:00
      かふぇみんとやココスなどで情報交換

●上映会・講演会  年1回いずれかを実施し、障害者への理解を広げる

●体操教室  毎週土曜日午後  東小学校体育館
         小さなお子さんでも大丈夫。
         筑波大生が昭和60年頃から指導してくれています。
         体験だけでも大丈夫なのでお気軽にご参加ください。
仲間募集 障害のある人の家族及び支援をしていただける方
体操教室に参加して一緒に動ける人


健康かんたん尺八の会

代表者 須澤 二郎
連絡先 電話 029-865-7523
FAX 029-865-7524
団体の目的 尺八吹奏で健康増進
活動紹介 楽しみながら健康づくり。
呼吸が苦しい人に、健康かんたん尺八を使って肺の機能を高め音楽を楽しんでもらう。
サークルの人の声「風邪をひかなくかった」「ぜいぜいして歩けなかったのに元気になった」「健康によい」
介護施設、イベントなどで聞きたいという希望があれば行きたい。
かんたん尺八は18000円(自作)。普通の尺八は300000円くらいする。
曲は童謡、民謡、歌謡曲など。伝統文化の尺八楽譜は記号の様で難しいが、それを数字譜という簡単なものにかえてやっている。

◆月2 回 交流センターで講座
◆年1回 演奏会
◆年1回 つくば市文化祭
仲間募集 呼吸を考え、健康に関心のある方


シニアサロンぶらり

代表者名 荒木 利彦
連絡先 (市民活動センターに問合せください)
団体の目的 老人会
活動紹介 毎月第2.4火曜日 13時〜16時吾妻交流センターで お茶会 趣味の会

毎月第3火曜日13時〜16時 ディズタウンで カラオケ会

集会日の目的目標はなく、都合の良い人達が、ぶらりと集まってお茶をしながら話をしたり、時には 手芸、ゲーム、折り紙、マージャン等 自由に過ごし散会する。

年に数回 バス旅行 食事会 観劇等を実施する。

参加費は1回につき100円です。
行事があれば その都度 徴収します。
仲間募集 時間のある方、どなたでもどうぞ。


自然生クラブ (NPO法人)

代表者 代表理事 柳瀬幸子、 施設長 柳瀬敬
連絡先 電話 029-866-2192
FAX 029-866-2192
E-mail jinenjo@dance.ocn.ne.jp
HP http://jinenjophotoalbum.wix.com/jinenjo-club
団体の目的 環境保全型の研究と実践、持続可能な環境生活様式の提案、並びに、知的障害者等(以下、「障害者という」)の社会的ハンディキャップの解消、生活の向上、社会参加、ノーマライゼーションの実現、文化的・芸術的活動による個性・才能の発揮に関する事業を、行うことにより、地域社会の公益の増進に寄与します。
活動紹介 筑波山南麓をフィールドに、知的ハンディキャップのある人たちと共同生活をしながら、有機農業を中心とした環境運動に取り組む一方、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、演劇、造形などで表現する田井ミュージアムを運営しています。
ヨーロッパでの公演を契機に、アール・ディファレンシェ(異才の芸術)を実践する芸術団体との交流を深めています。

事業には、福祉:自然生ホーム(森の家、宙の家)、環境:自然生クラブ農園(コミュニティー農園)、表現:田井ミュージアムの3分野を中心に運営し、交流の場としてカフェソレイユがあります。

自然生(じねんじょ)は、野生の山イモ「自然薯」のように、力強く大地に根を張る活動でありたいという願いと、「自(おの)ずから然(しかる)べく生(い)きる」という意味を込めて名付けられました。
仲間募集 あなたの得意分野を活かしてください。ボランティアや研修などのお問合せもお待ちしております。


自閉症青年の自立を助ける会(SGAP)

代表者 福富 孝至
連絡先 電話 029-851-6175
団体の目的 自閉症青年と親の会「来夢ハウス」の活動を、バザーなどを開いて資金面で協力する。
活動紹介 当会は、自閉症の青年を持つ親たちを中心に、1984年に設立された。
学齢期を終えた子どもたちの居場所つくりを目的として、様々な活動や療法に取り組んできた(茶道、絵画、庭造り、クッキング、スポーツ等)。

その後、自閉症青年を持つ親の会として「来夢ハウス」が設立されたのちは、表記の団体として資金面の援助をその主たる活動としてきた。
たとえば、国際フェスタ(5月)などの行事では、バザーを出店することで参加し、その益金を「来夢ハウス」の活動資金として寄付する。

つくば市福祉団体等連絡協議会 毎月1回の相談(第1木曜日)
仲間募集 会の趣旨に賛同し、会員としてバザーなどの活動に参加して下さる方


若年者社会参加支援普及協会アストリンク (NPO法人)

代表者 浅井 和幸
連絡先 電話 029-859-8606、
携帯電話 080-1018-7670(浅井)
FAX 029-859-8606
E-mail info@wssi.or.jp
HP http://wssi.or.jp
団体の目的 不登校・ひきこもり・ニート等の問題に対して、マクロ的な視点から、家族支援の総合窓口開設、サポーター育成などの受け皿づくり、就労場所確保などの直接支援、各NPO法人・関係団体・病院・行政等のネットワークづくり、社会への提言といった事業を行い、地域と社会の教育・福祉の増進を図り、広く公益に貢献することを目的とする。
活動紹介 @相談 
 ●電話相談/無料、15分程度の情報提供
 ●面談相談/4000円、予約制 1時間程度
      現状に対し次の対応策を考える。
 ●利根町社会福祉協議会「ホッ・とね広場」青少年の居場所づくり事業
   面談相談(無料) 毎月第2水曜日 
  (1日当たり2組 利根町民優先、利根町民は無料訪問サポートあり)
 ●無料合同相談会
   10ケ所程度の団体の協力により年1回程度行っている。

A訪問サポート 3,000円/1回(30分程度) 
 おしゃべりや一緒にゲームをしたり散歩や勉強を見たりなどをする。

B体験サポート 無料
 農作業や動物の世話、ボランティアや就労体験をサポーターと行う。

Cフリースペース 
 おしゃべり、ボードゲーム、事務所掃除や事務作業体験などをする。
 「アストリンクの日」 毎月第1日曜日、9時〜12時、17時〜19時
            アストリンク事務所で開催、無料。
仲間募集 ほんの些細な関わりから、重大な覚悟をもって活動するところまで、様々な関わり方があります。
資格や知識よりも、相手を尊重出来る人間性が大切だという事が理解できる人。


スイミーかるがも

代表者 (市民活動センターに問合せください)
連絡先 E-mail swimmy_karugamo@yahoo.co.jp
団体の目的 障害児・者のための水泳教室
活動紹介 茎崎ふれあいプラザのプールで
毎月の第1,2,4木曜日の15時から17時まで
ハロウィック水泳法の指導を行っています。


※ハロウィック水泳指導法は、1949年ロンドンのサウスゲートにある肢体不自由児のハロウィック女子養護学校で働いていたジェームズ・マクミラン氏によって開発、研究されたものです。この指導法は、静水力学・流体力学と身体メカニズムの原理に基づいています。水が持つ特性を十分活かした独自の練習プログラムを実践していく中で、水に親しみ、安全に活動し、水の中で自由に体を動かせる自分(自身の獲得)と、人々とのふれあいを楽しんでいる自分(友情と平等の獲得)を発見することを目指しています。
仲間募集 ・障害児・者
・プールボランティア


つくば肢体不自由児者 父母の会

代表者 沼尻 由美
連絡先 電話 029-836-1761
団体の目的 肢体不自由者の父母の親睦を図り、政治、宗教に偏ることなく障害者の福祉向上につとめる。
活動紹介 ◆定例会 月1回・第3木曜日10:30から行っている。
肢体不自由を主とした障害を持っている子どもとの生活の中で起こる出来事を、おしゃべりで解消したり、個人では解決できない問題をまとめて、つくば市・茨城県に提出している。

◆年1回 総会

◆年1〜2回 研修会&懇談会
障害を持つ子どもの就学などについて、保護者の不安解消の懇談会等を先輩保護者を交えて行っている。

◆年1回 まつりつくばに出店
まつりつくばに出店し、福祉に関する啓発活動に努めている。
仲間募集 肢体不自由を主とした障害児者の保護者および、活動を支えてくれる賛助会員を募集しています。


つくば自立生活センター ほにゃら

代表者 川島 映利奈
連絡先 TEL 029-859-0590
FAX 029-859-0594
E-mail cil-tsukuba@cronos.ocn.ne.jp
HP http://www.honyara.jp/
団体の目的 障害のある人の自立生活のため
活動紹介 障害者とその家族、支援者向けに活動しています。
社会活動に参画することで、その先に自立生活があると考えています。
障害者を持つ仲間同士が対等な立場で聴き合う場や、障害者が自立生活に必要な「料理の仕方」「介助者への指示の仕方」などを教えるトレーニング、障害者の相談や生活に必要な各種相談や情報の提供など、障害を持つ人自らが担い手となって自分たちに必要なサービスやサポートを創り出し、提供しています。

●ピアカウンセリング
 (自立生活プログラム、日常業務の中でのピアカウンセリングの実施
  個別自立生活プログラム開催、宿泊体験)
●権利擁護・相談・介助保障
 (日常的相談業務、座談会開催、勉強会開催、毎週月曜日の予約制相談
 「いばけんつ」としての活動)
●情報の提供
 (機関紙の発行(フリーハンド)、ホームページ)
●ほにゃらキッズ
 (意思決定支援の勉強会、キッズピアカン、キッズ外出ILP、宿泊体験)
●ほにゃ金懇談会(毎週金曜日)
●地域創造活動
 (北関東CIL交流会、ぷれジョブ、クリスマス会、黄色いレシート活動、映画上映会、バーベキュー、アリーさん講演会、勉強会(2回)、まつりつくば)
仲間募集 一緒に活動していただける方


つくば市朗読ボランティア「けやきの会」

代表者 中堀 桂子
連絡先 電話 029-847-0932
活動の目的 視覚障害者等への朗読サービス
活動紹介 ◆音訳テープ・CDの作成
「社協通信」、「つくば市障害者福祉ガイドブック」、「視覚障害者のための防災手帳」など
その他、個人依頼の図書も制作しています。
直接個人から依頼されたもののほかは、ボランティアセンターを通じてご連絡をしていただくことにしています。
会員のほとんどの方は他のボランティア活動もしています。
(点字図書館、公共図書館、大学図書館、その他)

◆朗読などの勉強会、高齢者施設訪問

◆活動日
 第4木曜日 10:00〜13:00 市民活動センターで定例会
 第1木曜日 10:00〜12:00 カピオにおいて勉強会、朗読勉強会
 ボランティアセンターで作業 CD(配布用CDの作成) 4回/年程度
 防災手帳の改版(CD+印刷物)
仲間募集 音読、朗読の興味があり、音読テープ、CD作成のボランティアを始めてみたいと思っている方を募集しています。


筑波スクエアステップクラブ

代表者 由利 義俊
連絡先 電話 029-821-8102
FAX 029-821-8102
E-mail nwsseyuri@ymobile.ne.jp
団体の目的 ノルディックウォーキングによる筋力向上を図り、転倒予防と認知機能向上を促進する
活動紹介 つくば市内の公園 および公園通りで、
週2回(水曜日と金曜日)10時〜12時に下記のプログラムで活動。
参加の際は必ず申込ください。

・ノルディックウォーキングによる体力維持
・コミュニケーションを図ること
仲間募集 ひざ、腰、肩の痛い方で長い距離を歩けるようになりたい方は是非おためしを!


つくばダウン症児者親の会

代表者 児玉 正文
連絡先 電話 029-852-3946
FAX 029-852-3946
E-mail ghh00175@nifty.com
HP http://idsa.sakura.ne.jp/down/ibaraki/tukuba.html
団体の目的 ダウン症児者の福祉の向上や発達を保障するための家族などの交流。
活動紹介 主に土日に、ほぼ月1回の例会を開催、場所は主につくば市内の交流センター。

@リズムあそび
  赤ちゃんから、幼児、小中学生が楽しく参加できる「リズム遊び」です。大人もリフレッシュできます。つくば市内の交流センターの音楽室で行っています。

A納涼会&交流会
  夏の暑さをはね飛ばす企画です。食事をしたり、ダウン症児者の一芸披露などで交流します。つくば市内の飲食店で実施しています。

Bクリスマス会
  毎年12月に子供が楽しめる企画です。
  つくば市内の保育園や交流センターなどで実施しています。

C茶話会、ハイキングや果物狩りなどのイベント
  会員の交流を中心にした企画です。交流センター、喫茶店で茶話会、筑波山でのハイキング市街に出かけるイベントなどを実施しています。

D障害者福祉に関する勉強会。
  その時々の情勢に応じた勉強会を交流センターなどで実施。
仲間募集 正会員:ダウン症児者の親御さんや家族の方は正会員として参加できます。
協力会員:家族以外の方でダウン症児を支援したいという方や関心のおありの方は協力会員として入会いただけます。


つくばバリアフリー学習会

代表者 北村 まさみ
連絡先 E-mail tsukubabf@gmail.com
HP http://barrierfreemeetingintsukuba.blogspot.jp/
団体の目的 障害のあるなしに関わらず、多様な人たちと「ともに」居る社会を目指し学び、交流する。
活動紹介 つくば市民大学の講座として講演会やワークショップの企画を立て実施しています。

つくば市民大学ウェブサイト http://tsukuba-cu.net
まずはお気軽に企画にご参加下さい。

内容例:筑波山地域ジオパーク事務局と「ジオネットつくば」との企画
      広瀬浩二郎(国立民族学博物館 民族文化研究部准教授)
    講演会(触察)
      筑波実験植物園「手話で楽しむ植物園」への協力 等
仲間募集 一緒にユニバーサルデザインを学んだり、実践していただける方。


友の会たすけあい(NPO法人)

代表者 宮本 次郎
連絡先 電話/FAX 029-840-1125
E-mail qqag5ps9n@royal.ocn.ne.jp
HP http://npo-tomonokai.jimdo.com
団体の目的 高齢者・障害者等の交通弱者に対する移送活動
活動紹介 連絡受付窓口(茎崎農村高齢者交流センター)を中心に年間362日間を送迎活動に従事している。
利用会員の移送先には特別な制限はなく、つくば市内に限らず希望場所にはどこにでも送迎します。(送迎時間は原則として、7:00〜18:00に帰着できる行程内です)
モットーは利用会員から「ありがとう」と言われるサービスを心がけています。
仲間募集 協力会員(ドライバー担当)で70歳未満の方を募集しています。
詳細は事務所までお問い合わせ下さい。


PCY298(NPO法人)

代表者 関田 巌
連絡先 FAX 029-857-6770(事務局)
E-mail mail@pcy298.com
HP http://www.pcy298.com/
団体の目的 耳の不自由な人のための
パソコン要約筆記、学習研修事業、支援事業、情報提供事業などを行う
活動紹介 賛助会員も含め51名 (正会員37名 賛助会員14名)

「すべての耳の不自由な方たちへの支援」を目的に、その場の音声情報(授業の内容・講演内容・話し合いの内容)を文字にして、その場ですぐにわかるように、表示器(パソコン・スクリーン等)に表示します。
日本映画に字幕もつけています。
仲間募集 パソコンの入力が好きで、耳の不自由な方の支援に活かしたいと考えている方ならどなたでも大歓迎です。


FutureSupport(NPO法人)

代表者 鈴木 直子
連絡先 E-mail fsreuse15@gmail.com
HP https://www.facebook.com/futuresupport15/
団体の目的 親の離婚などで傷ついたお子さんの心のケアや、保護者経済状況にかかわらずきちんと食べ、学び、将来に夢を描けるようにサポートしたいと設立しました。さらに経済的に困窮しているひとり親の方などの職業能力開発や、就労支援を目指しています。
活動紹介 ●茨城県南の小中学校への入学・進学に必要な、制服や体操服、学用品等のリユースに取り組んでいます。
●つくば市でこども食堂を運営しています。
仲間募集 地域で、様々な事情を抱えるお子さんの成長をサポートしたいという方。
女性や子どもの貧困問題に対してなにかしたいと考えている方。


ベル・サポート(NPO法人)

代表者 菊池 長吉
連絡先 電話 0280-87-7085
FAX 0280-33-8176
E-mail info@bell-support.net
HP http://www.bell-support.net
団体の目的 少子化対策や男女共同参画社会の実現を目指し、「幸せな家庭づくりと活力ある地域づくり」を目標に、独身男・女の結婚支援活動を行っております。
活動紹介 ●出会いパーティー
いばらき出会いサポートセンターの後援により、県西・県南地域を重点に、年間70回前後開催しています。
【参加費】男性3,000円〜4,000円、女性1,000円〜2,000円

●結婚支援活動
「境町文化村公民館内」事務所では、毎週火曜日〜日曜日までの、9〜17時まで、結婚希望男・女会員のマンツーマン出会いの場の提供・結婚相談活動等を実施。

結婚希望会員
【入会金】男性10,000円、女性5,000円 【年会費】なし
【ご紹介料】1人500円 【お見合い料】なし 【相談料】無料です

成婚者はおかげさまで378組達成(平成17年5月〜平成29年1月31日現在迄)
@結婚希望会員数 男性887名 女性505名 計1,392名(入会者累計)
A出会いパーティー開催数 通算780回 【参加者】男性13,685名、女性8,700名
Bお見合い実施数 計425組(平成28年4月1日〜29年1月31日、出会いパーティー参加者含)
C成婚者数 39組(平成28年4月1日〜29年1月31日迄)
DNPO法人ベル・サポート会員数(縁結びサポート会員)108名


ポランのひろば(NPO法人)

代表者 酒井 ちよ
連絡先 電話/FAX 029-847-5411
E-mail  polan@office.email.ne.jp
HP http://polan.webchasqui.com/
団体の目的  つくば市及び周辺地域に在住する知的障害者に対して、障害者の社会的自立と社会参加への支援、障害者を抱える家族の社会参加への支援、一般市民の障害者に対する理解と支援の促進等の事業を行い、障害者の生活の質の向上を図り、もって社会福祉の質の向上に寄与します。
活動紹介 ●生活介護事業
  ・日常生活能力の維持、向上を目的とした軽作業
   (リサイクル・自家菜園の手入れと収穫・調理実習・施設内清掃)
  ・身体機能の維持、向上を目的とした活動(散歩・プール)
  ・造形および音楽活動
  ・社会参加事業(公園奉仕作業、市民行事参加)

●就労継続支援B型事業
  ・施設内業務用厨房における、惣菜・パン・菓子・弁当の調理と販売
  ・健康維持、向上を目的とした活動(プール)
  ・市民参加事業(市民行事参加)

●地域生活支援サービス事業(日中一時預かりサービス)
  知的障害のある方に日中の活動の場を提供すると共に、障害者を日常的に介護している家族の方の一時的な休息を支援します。
  外部講師を招いてのレクリエーション活動等
仲間募集 イベント時にお手伝いしてくださるボランティアを募集しています。


木遊会

代表者 石井 勇治
連絡先 電話 029-854-1413
FAX 029-854-1413
E-mail ishii3@utopia.ocn.ne.jp
団体の目的  高齢者の健康、町の美化、歴史散策
活動紹介 ●毎月第2木曜日に研究学園地区 水戸信用金庫にて様々な活動をしています。(健康づくりがテーマの座学や体操、歴史・趣味活動など)
●毎朝6時半からラジオ体操(1,2月を除く)
●有志にてゴミ拾いの活動
●同好会がたくさんあり、グラウンドゴルフ、パソコンなどの会が活動中。会員以外での参加も可能なので、そのまま会員になる方も多い


モンキーマジック(NPO法人)

代表者 小林 幸一郎
連絡先 電話/FAX 029-852-5233
E-mail tsukuba@monkeymagic.or.jp
HP http://www.monkeymagic.or.jp/
団体の目的  フリークライミングを通して、視覚障碍者をはじめとする人々の可能性を大きく広げることを目的とする。
活動紹介 東京、大阪、名古屋、仙台等日本広域でフリークライミングスクールの実施や普及啓発、スクール・イベントの企画・運営・講演などの活動を展開しています。
つくば市では店舗「ボルダリングジム・モンキーマジックつくば」(つくばクレオスクェアーQ’t 3階)を中心に活動してます。

ボルダリングは、高さ3m前後の岩や壁を最低限の道具(シューズやチョーク)で登るスポーツです。

ジムでは人工的に壁に取り付けた色・形・大きさが様々な手がかり(ボールド)をつかみ、難易度(グレード)を設けたルートに従って登ります

通常の店舗営業(10時〜22時)と同時に、曜日ごとにイベントを設けたくさんの人に楽しんでもらいます。火曜は温泉めぐり、木曜はレディースデー、金曜はウィークリー課題更新、また毎月第4土曜日には「サタデーマジック」という障がいのある人と一緒にボルダリングを楽しむイベントを開催しています。
つくばクレオスクェアQ’t 3階では毎月第3若しくは第4土曜日に「サタデーマジック」を開催しています。
障がいの有無に関わらずクライミングを皆で楽しむイベントです。


来夢ハウス

代表者 三土 トミ
 連絡先 電話  090-7280-4437(三土)、080-1088-5900(下田)
団体の目的 障がいを持った青少年に地域で充実した日常の一助となる支援を行う。
活動紹介 【日時】 土曜日 月2回 13:30〜16:00
【場所】 吾妻交流センター

抹茶の稽古
参加費1回300円

高齢者グループホーム・松見公園池ノ上の施設等で年1〜2回発表を兼ねたお客様にお茶を振舞います。
仲間募集 自閉症の方その他障害のある方へのサポートが出来る方。
ハンディをお持ちの方で余暇活動に参加なさりたい方。





information

つくば市市民活動センター

〒305-0031
つくば市吾妻1丁目10−1 センタービル1階
TEL.029-855-1171
FAX.029-855-1175